風邪 葛根湯

かぜの初期や上半身の凝りに「葛根湯」

風邪の時に使用する葛根湯

「葛根湯」はからだがゾクゾクしてきて寒気を感じる風邪の初期症状の時に使用する漢方として知られています。

からだを温めて汗と一緒に風邪をからだの外へと出してくれます。

上半身の凝りにも最適な漢方

葛根湯は風邪薬と考えがちですが、本来、葛根湯の証は風邪のひき始めだけではなく、上半身の凝り、特に首筋や肩の凝りをほぐしてくれる漢方です。

葛根湯に含まれる麻黄(まおう)は発汗作用があり、からだの熱や腫れ、痛みを発散させて治してくれます。

一時的に凝りをほぐすという頓服薬としての利用もできます。

麻黄は交感神経を興奮させてしてしまう作用があるので睡眠前などの服用はできる限り控えることをおすすめします。

ご家庭の常備薬として置いておくといざという時にも助かります。

 

当店の漢方薬ページへ

葛根湯の効能効果など

【証】
表・寒・実
【効果・効能】
体力中等度以上のものの次の諸症:感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛み
【成分】
カッコン,マオウ,タイソウ,ケイヒ,シャクヤク

カンゾウ,ショウキョウ

葛根湯に含まれる生薬

風邪の初期や上半身の凝りに 漢方 葛根湯

関連記事

PAGE TOP